読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフお一人さまが通る

アラフィフのお一人様が、趣味の自転車・筋トレ・ジャズ、ときには介護について思いつくままぐだぐだと綴ります。

ラレー RFC(ラドフォードクラシック)に決定

かっこつけてロードバイクか、はたまたクロスか?

今乗っているルイガノクロスバイクもそろそろ7年目に突入。

も少し速く走る自転車が欲しい。。。 と、ありがちな妄想に駆り立てられて自転車屋に通い、ネットで調べ、さんざん迷ったあげくの決断はラレーのフラットバーロード、RFC(ラドフォード クラシック)という自転車。

迷いに迷った割には、決め手はつまるところ「見た目のかっこよさ」だった(^▽^)

 

当初の計画では、アンカーかトレックの20万くらいのロードバイクを目論んでいた。

京都でロードを買うならここ!と知人に勧められたKサイクリングセンターさんへも行ってみた。

こちらのお店の店主さんははっきりとものをおっしゃる方で、とてもわかりやすく素人の私にロードバイクとはいかなるバイクか、ということを教えてくださった。

10万円以下のと15万前後のと20万前後のと、性能がどう変わるか、

また、ロードバイクとはどういう使い方をするべき乗り物か、などなど。

とても気さくに話してくださり、ロードにするなら絶対にここで買おう!と思わせるお店だった。

しかし、この親切な対応が私のロード購入に二の足を踏ませてしまった。

 

勢いでロードバイクを買おうと思っていた私、

自分が実際に走るであろう距離・環境、主な用途をもう一度冷静に考えてみて、やはり身の丈に合いそうなのはクロスバイクという結論であった。

我ながら賢明だと思う。

今の愛車ルイガノ君は超安定志向・街乗り向きのクロスバイクで、50~60㎞の距離なら充分走れるし乗りやすいけれど、ちょっと重い。

もっと軽くて輪行もできて速く走れるのがほしいなぁ♡

そんな気分で、Kサイクリングセンターさんに比べると、もう少しばかり気軽に入れるKサイクルさんへ行ってみた。

クロスバイクの中でも、ロードバイク寄りのフラットバーロードを中心に探してみた。

う~む、なかなかかっこええでないの!

ロードバイクなんてかっこつけなくても、私にはこれで充分そうである。

このお店には、見たかったアンカーもトレックも置いてなかった。

ずらりと並んだビアンキジャイアント・スペシャライズド。

その中でもキラリと光って見えたのがラレーのクラシックな出で立ちだった。

お店のお姉さんによると、このRFCはコンポがすべてシマノ製でフレームはクロモリ、「私も乗っていますが、とても乗り心地が良くておしゃれで大好きなんです」とノリノリで勧めてくれた。

中でもグリーンがいちばん人気だとか。

かなり惹かれて、その日は下見ということで出直すことに。

 

 

帰ってからも、細身クロモリフレームに銀色に輝くフォークが激渋だったクラシカルな姿が忘れられなかった。

ネットで調べてみても、ほかのバイクも同じ価格帯であればどれも性能は五十歩百歩。

ならやっぱり好きなタイプの自転車がいい。

クロモリは錆びやすいかも、という心配はちょっとあるんだけれども、

黒に限りなく近く、よく見ると緑色という「クラブグリーン」カラーに参ってしまい、これがいちばんの購入の決め手となった。

やっぱ愛車にするなら惚れたヤツじゃないとね(^Д^)

 

ラレー RFCを発注

結局、先々週の日曜日にラレーRFCのクラブグリーンを取り寄せてもらうことにした。

取り寄せて完成車に組み立てるのに2週間ほどかかると言われたのだが、

1週間でできましたと連絡が来た。

先週の日曜にいそいそと会いに出かけた。

そこには素敵でおしゃれなラレーくんの姿が♡

やっぱこれにしてよかった!

またがってみたらサイズもピッタリ。

今まで乗っていたルイガノ君と比べるとかなり華奢で軽快な感じが伝わってくる。

その日はほかに所用があって乗って帰れなかったので、

新しい鍵、サイコン、輪行バックを選んで、また来週迎えに行くことにした。

あ~早くのりた~い(*´∀`*)

これから温かくなるこの季節、自転車ノリには最高!

待ってろよ、琵琶湖!

明日香や淡路島にも行ってやるぜ。

 

 

関連記事 

yurutore.hatenadiary.com

 

 

yurutore.hatenadiary.com

 

 

yurutore.hatenadiary.com